七夕まつり(松尾大社)2021の見どころ等「お祭り情報満載!!」。最新情報&動画や画像の「見える化情報」も見逃すな!!

七夕まつり(松尾大社)の見どころ等、「情報満載」をテ-マに掲載しています。

選びたい情報は「目次をワンタッチするだけでOKです!!」

掲載内容は、「見どころ画像、重要情報(最新情報、日程、会場、電話番号、地図、アクセス)、見どころ、周辺の駐車場、まとめ」まで掲載しています。では、内容を詳しく紹介していきますね。



出典;七夕まつり|年間祭儀予定|祭典・行事 | 松尾大社 – MATSUNOO TAISHA

松尾大社—年間行事予定サイト⇒こちら

七夕まつり(松尾大社)の最新情報&概要。

<祭りの重要情報>

七夕まつり(松尾大社)の日程は、

●毎年7月7日に予定されています。



出典;松尾大社七夕まつり – Bing images

日程●毎年7月7日 午後6時半~
会場松尾大社
電話番号電話075-871-5016 FAX 075-871-3434
地図京都府京都市西京区嵐山宮町3
アクセス■阪急電車「松尾大社」駅下車
JR京都駅→(地下鉄)→四条烏丸→(阪急京都線)→桂→(阪急嵐山線)→松尾大社
所要時間:京都駅から40分

■市バス「松尾大社前」バス停下車
JR京都駅→(市バス・嵐山大覚寺行き→松尾大社前
JR京都駅→(京都バス・苔寺行き)→松尾大社前
所要時間:京都駅から40分
<車の場合>
・山陽自動車道:山陽姫路東ICより車で20分

詳細は以下にまとめておきました。

まつりの一員として、お祭りに参加してみませんか?

お祭りは、「現実の世界」から「夢の世界」に運んでいただけるイベントです。

皆さんが感じる「三大御利益」…。

❶祭りに参加することで、参加者から「勇気」と「パワー」をもらうことができ、自分も頑張らなければと元気がみなぎってくるのでは…。

❷普段触れる事の少ない、「伝統や文化」を感じる事で、現実社会と離れる事が出来、少しの時間でも嫌な事を忘れ、あなたの心を「清浄」してくれるのでは…。

そして、明日からまた新たに再スタ-トがきれるのでは…。

❸「歴史を伝統」を知る事で、人として知識を得ることとなります。そのことで何らかの人としての成長を感じることができるのでは…。

私がお勧めする。「思い出作り」に一押し出来る、自慢の祭りの一つですよ。

では、「七夕まつり(松尾大社)のみどころ」を紹介していきますね。

七夕まつり(松尾大社)の「みどころ」。

それでは、まつりの「みどころ」を紹介。

大山咋神(おおやまぐいの神)・市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)男女二柱の神様をお祀りする当松尾大社は、古来洛西総氏神・織物手芸・良縁成就の神として広く敬われてまいりました。

7月7日の“七夕”には、皆様の願いを込められた短冊を取り付けた笹をご神前に掲げ、“七夕まつり”を斎行いたします。(笹竹は7月1日に設置いたします)

お好きな色の短冊を選び、お名前・お願いごとなどお書きの上、お初穂料とともに志納金箱へお入れ下さい。

出典;七夕まつり|年間祭儀予定|祭典・行事 | 松尾大社 – MATSUNOO TAISHA

七夕まつり(松尾大社)の周辺の駐車場。

まつりでは、駐車場が少ないです。

よって、車を停められない可能性が十分にありますので、公共交通機関で行かれることをお勧めします。

まつりに近い駐車場をまとめました。

NO.1

駐車名松尾大社 参拝者駐車場
住所京都府京都市西京区嵐山宮町3
時間9時00分~17時00分
台数不明
料金不明
地図

NO,2

駐車名タイムズ ファミリーマート松尾大社前
住所京都府京都市西京区嵐山宮ノ前町103
時間24時間
台数9台
料金00:00-00:00 60分 0円
(ただし60分以降15分 500円)
地図

松尾大社お祭り情報スペシャル情報!!

松尾大社のお祭り情報一覧→こちら

松尾大社節分祭→こちら

松尾大社ひなまつり→こちら

松尾大社上卯祭(かみのうさい)と中酉祭(ちゅうゆうさい)→こちら

松尾大社御田植式と抜穂祭→こちら

松尾大社神幸祭と還幸祭→こちら

松尾大社大祓式→こちら

松尾大社七夕まつり→こちら

松尾大社御田祭→こちら

松尾大社八朔祭→こちら

松尾大社観月祭→こちら

七夕まつり(松尾大社)のまとめ。

いかがだったでしょうか?

まつりの全容について紹介しました。

町全体が、祭りモ-ドに変わります。旅の最適場所ではないでしょうか。

是非お祭りは、「七夕まつり(松尾大社)」へ参加してみましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。今後も読者の皆さんに、「七夕まつり(松尾大社)」のニュースをより正確にお届けできる努力していきたいと思います。次回の投稿も楽しみにしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする