元幕内力士・若麒麟の鈴川真一(すずかわしんいち)容疑者の顔画像、乾燥大麻を所持再犯か??大相撲解雇までの若麒麟の経歴&逮捕現場&SNSの調査結果掲載!!

東京・豊島区で大相撲の元幕内力士の男が乾燥大麻を所持していたとして、警視庁に逮捕されていたことが分かりました。  

一体何があったのでしょうか?

出典;元幕内力士「若麒麟」 “大麻所持”で逮捕(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュース

事件の概要

それでは、報道されている事件の概要を説明しますね。

何があったのでしょう…。

東京・豊島区で大相撲の元幕内力士の男が乾燥大麻を所持していたとして、警視庁に逮捕されていたことが分かりました。  

元幕内力士・若麒麟の鈴川真一容疑者(37)は8日、JR池袋駅の構内で乾燥大麻を所持していた疑いが持たれています。  

警視庁によりますと、鈴川容疑者の挙動を不審に思った警察官が職務質問をしようと近付くと鈴川容疑者は突然、何かをバックから取り出して投げ捨てました。  

捨てたのは乾燥大麻を粉砕する器具で、器具の中から乾燥大麻が見つかったということです。  

鈴川容疑者は幕内力士だった2009年に大麻取締法違反の罪で起訴され、有罪判決を受けています。  

この事件を受けて、日本相撲協会を解雇されていました。

出典;元幕内力士「若麒麟」 “大麻所持”で逮捕(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュース

どうして、こんな事件が起きたのでしょう。

んなことはあってはならないと思いつつ、これから真相が徐々に明らかとなる事でしょう。

しかし、本当の事件の詳細は、きっと本人にしかわからないであろうと考えます。

いろいろな事が分かり次第、追記させていただきますね。

鈴川真一容疑者の顔画像は?

今回逮捕された鈴川真一容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか。

それがこちらです。

出典;元幕内力士「若麒麟」 “大麻所持”で逮捕(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュース

詳しい真相はわかりませんが、新しい情報が入り次第、追記させていただきますね。

鈴川真一容疑者のプロフィ-ル

名前鈴川真一(すずかわ しんいち)
年齢37歳
出身不明
職業元幕内力士・若麒麟

鈴川真一容疑者のFacebookアカウントは?

また、こちらで鈴川真一容疑者のFacebookアカウントを調査させていただきましたが、アカウントを特定することは残念ながら、出来ませんでした。

そこで今回は、Facebookの検索結果のみを、ご紹介させていただきますので、お気になられる方はこちらから検索してみてくださいね。

→鈴川真一容疑者のFacebookアカウントの検索結果は、こちら→

新しい情報が入り次第、追記していきますね。

事件の現場は?JR池袋駅の構内です。

事件が発生したのは、JR池袋駅の構内です。

鈴川容疑者の挙動を不審に思った警察官が職務質問をしようと近付くと鈴川容疑者は突然、何かをバックから取り出して投げ捨てました。  

捨てたのは乾燥大麻を粉砕する器具で、器具の中から乾燥大麻が見つかったということです。

Googie Map上では、この位置になりそうですね。

大相撲元幕内力士・若麒麟の経歴。

入門前

日本料理店を営む父の下に生まれた。父は中卒でそのまま料理の世界に進み、大阪や京都で修業を積んでから独立して店を開いた人物。幼少期は夜に父親が店の仕事で家にいないため、学校が終わったら父の店で食事をとってから家に戻っていた。木曜日に店が休みであったため、休みになると父に遊びに連れて行ってもらった。子供の頃のある時海水浴に行くと、岩場で巨大なクエが足元で泳いでいたため、その巨大さにパニックになって父にしがみついて2人で溺れそうになった[1]。中学時代は半ば幽霊部員としてバレーボール部に所属し、何度も退部・復部を繰り返していた。中学1年生の時に既に相撲部屋を見学していたためこれが入門の切っ掛けになり、父も中卒で社会に出ていたため中卒入門には理解を示していた。角界入りする自分には関係が無いため卒業式の練習はサボっていたが上京前に父が中学時代の同級生を集めてフグ鍋パーティーを開いてくれた[1]

大相撲時代

中学卒業と同時に押尾川部屋に入門し、1999年3月場所に初土俵を踏んだ。鈴川の新弟子時代は新弟子の連絡手段と言えば専ら公衆電話であり、しかも新弟子時代には部屋の電話番もしなければならなかった。たまたま部屋の近くに電話ボックスはあったが、敢えて鈴川は家族に電話しなかった。入門から1年は家に帰らなかった。「強くなればNHKの大相撲中継に出られる」という思いから相撲に励んだ[1]

相撲経験はなかったが立合いからの突っ張りが得意で、体重の増加とともに重みが増し着実に番付を上げて行った。幕下に定着するまでに時間が掛かったが定着してからは上位まで一気に番付を駆け上がり、2004年9月場所に十両に昇進するとともに四股名を本名の鈴川から師匠(元大関大麒麟)の四股名に因んで若麒麟と改めた。同じく大麒麟の四股名に因んだ力士として、1987年にプロレスラーへ転向した玉麒麟(田上明)がいた[2]

十両に昇進した2004年9月場所でも終盤まで優勝争いに加わり、最終的には10勝5敗と地力の高さを見せた。しかし翌場所から2場所連続で7勝8敗と負け越した上、2005年1月場所千秋楽に右膝を故障してしまい3月場所を全休した結果、幕下に陥落した。

この故障のため、5月場所も全休し幕下西50枚目まで番付を落としたが9月場所に東幕下42枚目で7戦全勝で幕下優勝、11月場所も勝ち越し2006年1月場所に5場所ぶりに十両に復帰することが決まった。また、故障中の2005年4月に押尾川親方が押尾川部屋を閉めたため、若兎馬らと共に尾車部屋に移籍した。

十両には復帰したものの体重は新十両だった当時から10kg近く減少し、突っ張りの威力も落ちるなど故障の影響は大きく11月場所でも自ら攻めて勝った相撲はほとんど見られなかった。このため再十両の2006年1月場所も東十両14枚目で4勝11敗と大きく負け越してしまい、1場所で再び幕下に陥落。3月場所と5月場所でもともに2勝5敗と大きく負け越した。

しかし2006年7月場所から5場所連続で勝ち越し、調子を取り戻すと2007年5月場所では西幕下3枚目で全勝優勝。翌7月場所の十両復帰を決めた。この7月場所でも調子のよさを見せて10勝5敗と大きく勝ち越し、一気に自己最高位を更新して十両2枚目に昇進した。さらに幕内がかかった9月場所でも9勝6敗と勝ち越し、11月場所での新入幕を果たした。

幕内昇進場所となる2007年11月場所では幕内下位ながらも13日目まで優勝の可能性を残し最終的には10勝5敗と勝ち越し、2008年1月場所では前頭9枚目と幕内中位にまで昇進した。しかし、その2008年1月場所で4勝11敗と大きく負け越し、2008年3月場所では再び前頭15枚目と幕内下位となった。さらにこの場所でも6勝9敗と2場所連続で負け越し、翌2008年5月場所で十両に陥落した。その後、十両の上位から中位にいたが、十両東3枚目として迎えた2009年1月場所において9勝6敗の成績を挙げ、幕内再入幕も期待されていた。

2008年11月場所では体重252kg(当時)の山本山を立合いの張り手1発で土俵に沈めるなど、非常に激しい相撲をとることで知られていた。

出典;鈴川真一 – Wikipedia

ネットの反応は?

ネットでの反応を見てみました。

角界も厳しくなったもんだな。昔は拳銃密輸して暴力団に譲渡したことが発覚した現役力士に対してでさえ厳重注意で済ませてたのに。

出典;Yahoo!ニュース

要は麻薬常習者は治らないと言う典型例です。

依存症が半端ではない筈なので治らないと考えるのが普通です。

相撲関係も追放されたとは言え教師の痴漢行為と一緒である意味困った

集団です。

普通は麻薬はなかなか手に入らないのが当たり前ですが、やはり・・・

でしょうかね。

場所前の親方達のPCR陽性と言い今だに知らん顔で次の場所を強行開催

でしょうかね。

オリンピックと一緒で利益優先で聞く耳を一切持たない集団なのでしょ

うかね。

あれだけ密着勝負でしかも付き人、審判や土俵回りのノボリ持ちのマス

ク着用不徹底、密着観客で感染が生じない訳がない。

どうするんですかね。

力士はただでさえ通常の二人分ベッド占領するし重症化も多いと思うが。

出典;Yahoo!ニュース

この人,もともと押尾川親方 (元大関大麒麟) の弟子だったが,後継者がおらず部屋がなくなったので,尾車親方 (元大関琴風) の部屋に移籍した。よそから引き取ったこの人が不祥事を起こしたせいで,尾車は降格され,役員から外れた。大変不義理な人だと思った。

出典;Yahoo!ニュース

薬物事件はなぜか、有名人、スポ-ツ選手にも多い。

何故か??いろいろ事情はあると思うが、相撲協会も隠す体質からやっと脱却か・・・

このような犯罪が減るように現在の相撲も含む、スポ-ツ協会の制度が変更される願っています。

こんな事件が起きないような世の中になってほしいものですね。

最後に、最後までお読みいただきありがとうございました。今後も読者の皆さんにより正確な具体的な事件の情報をお届けできる努力していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする