商店街活性化秘訣。「これ、なんぼ?」値段交渉ができる商店街誕生。

大阪のシンボル「通天閣の近くにある新世界のシャッター商店街」と言われる商店街が、毎週日曜日になると「これ、なんぼ?」の合言葉で凄いにぎわいを取り戻しています。

このことについて、詳しく説明しますね。

一体どのようなことなのでしょうか?

出典;NNN

スポンサーリンク



商店街活性化の概要

それでは、報道されている商店街活性化の概要を解説しますね。

出典;NNN

詳細はこちら…。

大阪のシンボル・通天閣の近くにある“新世界”の商店街。平日は、いわゆる“シャッター商店街”ですが、毎週日曜日になると「これ、なんぼ?」の合言葉でにぎわいます。

店「じゃんけんで勝ったら9500円!」

盛り上がっていたのは、通天閣のおひざ元にある新世界市場。

普段、営業している店は48軒中15軒だけ。客が来ないので、夕方4時半には店じまいします。

しかし、毎週1日限定で、2000人以上の客が押し寄せるのです。

それは、日曜日限定の“W(ダブル)マーケット”。

取材したこの日は、16店が屋台を広げました。手作りのガラス細工や、古着のデニムで作ったカバンなどの商品が並びます。

斬新なのは、商品に値札が付いていない点です。

値段交渉をすることでコミュニケーションが生まれ、商品を買うだけでなく、思い出も残ると考えたのです。とは言え、値段交渉は真剣勝負。

客「2枚やったら、なんぼになります?」

店「えーと、2枚やったらですか?2枚で1000円値引きします。6000円」

この交渉は成立。しかし、すべてがうまくいくとは限りません。ある店が販売していたペーパーホルダーの希望価格は1280円。交渉が始まると――

客「700円くらいだったら買うけど」

店「もうちょっと上がいいかな…1000円!」

客「じゃあ、あきらめる!」

店「900円!負けた…」

この試みの斬新さが話題になり、多くの人が足を運ぶのです。結果、シャッター商店街の活性化にも効果を出しているのです。

商店街にあるお茶屋さんはこう話します。お茶屋さん「Wマーケットさんが集客してくれたお客さんを、いかに店に持ち込むかは各店の努力」

この店は、新商品を開発。

日曜日の売り上げは3倍になったといいます。

シャッター商店街には、人々の笑顔があふれていました。Wマーケットを企画したトリックデザインの森田さんはこう話します。

森田さん「モノを作った人の思いやストーリーがあると思うので、そういうものを感じられる場所になればと」

出典;NNN

大変、ユニ-クな企画ですね。

最近、地方に行けば、良くシャッタ-商店街を見受けられます。

このような方法で、活性化が増えるモデルとなるといいですね。

そこに期待が膨らみます。

シンボルの通天閣の近くにあ「新世界」の商店街とは。

出典;NNN

シンボルの通天閣の近くにある新世界の商店街とは。

普段、営業している店は48軒中15軒のみらしい。

客が来ないので、夕方4時半には店じまいしてしまいます。

これこそ、シャッタ-商店街と言われる所なのかもしれませんね…。

さて、こんな所がどのように転身したのでしょう。

どのような企画なのでしょう?

さて、俗に言われる「シャッター商店街」が、なぜにぎわいっているのか。

詳細がこれです。

出典;NNN

内容は、

❶毎週1日(日曜日)限定で開店する。

❷ダブルマーケット方式で、通常の店と屋台の店を開店させる。

2000人以上の客が押し寄せるようになった。

更に詳しい詳細では。

出典;NNN

とういうような販売方法をしている屋台もあるとのこと。

なぜこのような事をしているのでしょうか。

それにはこの新世界商店街の屋台での販売方法に斬新な企画が入っているからである。

それは、こちらです。

出典;NNN

実は、屋台には全ての商品に「値札が付いていない」ので、値段交渉をすることでコミュニケーションが生まれ事を期待し、商品を買うことの他、思い出も作ることになると考えたみたいだ。

しかし、値段交渉は真剣勝負ですよ…。

しかし、店側も買う側も全てが、うまくいくとは限らないという、デメリットもある。

それをデメリットではなく、損したときも「楽しさをもらった等」と考え、メリットと考えると有効的な方法に変わるように思います。

好き嫌いはあるとおもいますが…。

皆さんはどのように思いますか?

スポンサーリンク



どんな商品が屋台では並ぶのか。

さて、屋台ではどんな商品が並んでいるのか。

それが、こちらです。

出典;NNN

❶手作りのガラス細工

❷古着のデニムで作ったカバン

などが、値札無しで並んでいる。

で値段交渉です。

少し、フリ-マ―ケットにも似ていますね。

商店街の屋台以外の店では、どのようになったか。


出典;NNN

この企画が、噂になり多くの人が足を運ぶようになった。

また、通常このシャッタ-商店街で頑張っていたお店も、新商品などを開発し、日曜日の売り上げが3倍になったとのこと。

凄い、相乗効果ですね。


出典;NNN

また、他の商店街の変化は。

❶笑顔が溢れ。

❷コミュニケーションが飛び交う。

ようになったみたいだ。

人が話したり、笑顔で笑ったりしていると、自然と活気が満ち溢れているように見えますよね。

Wマーケットを企画したトリックデザインの森田さんは。

「モノを作った人の思いやストーリーがあると思うので、そういうものを感じられる場所になればと」という思いを語った。

出典;NNN

大変すばらしい、アイディアだと思いますね。

シャッタ-商店街のモデルケ-スになっていくように成長させ、周りの困っている方々の助けになるようなレベルまでもってこれる事を期待しています。

ネットの反応は?

ネットでの反応を見てみました。

お店の人とのコミュニケーションのきっかけになるから楽しいと思う!

出典;Yahoo!ニュース

けっきょく、フリーマーケットってやつでしょ?

出典;Yahoo!ニュース

こういうのはあまり好きじゃないな。
アメ横でもやってるよね。
抱き合わせで買わせたり。

出典;Yahoo!ニュース

ネット上の意見では、いいなと思う人とあまり好きではないという意見がありました。

実際、シャッタ-商店街の問題を抱える人たちは、いろいろな企画を考えていかないと、来てもらえないという現象があるが…。

もう一つひねりをして、皆さんが、ああ、なるほどと言わせるようなレベルになっていく道筋であることを願いたいものだ。

最後に、最後までお読みいただきありがとうございました。今後も読者の皆さんに、商店街の活性化のニュースをより正確にお届けできる努力していきたいと思います。次回の投稿も楽しみにしてくださいね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする