トラック運転手のひき逃げ、澤口登容疑者顔画像やSNS、事故の場所や被害者の状況、原因分析等の情報量満載。

初めに、このトラック運転手のひき逃げ、澤口登容疑者の記事に興味をもっていただきありがとうございます。

では早速、事故の場所です。

出典;news.tv-asahi.co.jp

スポンサーリンク



トラック運転手のひき逃げ、澤口登容疑者の事件の概要

それでは、報道されているトラック運転手のひき逃げ、澤口登容疑者の事件の概要を説明しますね。

澤口登容疑者に、何があったのでしょう…。

埼玉県寄居町の国道でタンクローリーで原付バイクの男性をはね、現場から逃走したとして46歳の男が逮捕されました。

トラック運転手の澤口登容疑者は6日午前10時前、寄居町の国道254号で原付バイクの男性(79)をタンクローリーではね、そのまま逃走した疑いが持たれています。

男性は意識不明の重体です。

警察によりますと、ドライブレコーダーの映像や目撃証言などから澤口容疑者が浮上しました。

澤口容疑者は積み荷を配送した後、会社に帰る途中で男性をはねたとみられています。

取り調べに対し、澤口容疑者はぶつかった感覚はない」と容疑を否認しています。

出典;news.tv-asahi.co.jp

なぜ「トラックでのひき逃げの事件」が繰り返し起きてしまうのでしょう。

今回は、寄居町の国道254号で原付バイクの男性(79)をタンクローリーではね、そのまま逃走した疑いが持たれています。
男性は意識不明の重体です。
→ドライブレコーダーの映像や目撃証言などから澤口容疑者が浮上しました。
「ぶつかった感覚はない」と容疑を否認しています。

これから真相が徐々に明らかとなる事でしょうが、このひき逃げにより尊い命が1人重体で戦っている。

否認しているとはいえ、ドライブレコーダーの映像や目撃証言があるので、時間の問題ではあるが、重体を負われた方にお見舞い申し上げます。

しかし、本当の事件の詳細は、きっと本人にしかわからないであろうが、いろいろな事が分かり次第、追記させていただきますね。

スポンサーリンク



ひき逃げ事件が何故起こるのか原因を分析予想してみた。

<原因を分析>

❶当然、事故を起こした確認もせずに走り去るので、逃げればなんとかなるという気持ちが一番にあるのだろう。
❷事故を起こすと一番に被害者救済することが大切だが、よほどスピ-ドがでていたり、脇見をしていたり、お酒を飲んでいたりと自分の過失がある事に気付き逃げ去ってしまうのではと考える。
❸良くあるのが、気づかなかったや当たったかな等の安易な言い訳等である。これは交通事故は最悪の事態だと考える運転者の意識が小さいことである。又、人の命を奪う事への運転安全確認を甘く考えている事である。
以上の原因を推測してみました。
今回の事件は「ぶつかった感覚はない」という。このことに深刻に捉えなければならない。

スポンサーリンク



ひき逃げ事件場所のは。どこ…。

出典;news.tv-asahi.co.jp

埼玉県寄居町の国道254号で原付バイクの男性(79)をタンクローリーひき逃げした疑い

住所:埼玉県寄居町の国道254号

トラック運転手のひき逃げ、澤口登容疑者の顔画像は?

今回、逮捕された澤口登容疑者の顔画像はネットで公開されているのでしょうか。

現在、澤口登容疑者の顔画像は、ニュース等では、公開されておりませんでした。

詳しい真相はわかりませんが、新しい情報が入り次第、追記させていただきますね。

さて今回は、顔画像を掲載できなくて申し訳ございませんでした。皆さんは顔写真が掲載されている時にはどのように思って観ておられますか。

私は、事件を起こされる方は、共通の顔の表情があると思っています。

❶社会を批判的に捉え、このような事件に巻き込まれていったのは社会が悪いと思い込み、自分は悪くないという表情…。
❷自分の心の弱さで、欲望や欲求、ストレスに耐えられず、このような事件を起こしてしまい、ハット気付くと事件を起こしていた事に後で悔やむ表情…。

このどちらかが大半を占めているでしょう。

善人か悪人か…。反省の色は人としての恥じらいがまだあるかないかで決まると言われています。

スポンサーリンク



澤口登容疑者のプロフィ-ル

名前 澤口登(さわぐち のぼる)
年齢 46歳
出身 不明
職業 トラック運転士
容疑 ひき逃げの疑い
供述 否認している

澤口登容疑者のFacebookアカウントは?

また、こちらで澤口登容疑者のFacebookアカウントを調査させていただきましたが、アカウントを特定することは残念ながら、出来ませんでした。

そこで今回は、Facebookの検索結果のみを、ご紹介させていただきますので、お気になられる方はこちらから検索してみてくださいね。

→澤口登容疑者のFacebookアカウントの検索結果は、
こちら→

Twitter等の情報は。

今回は、Twitter等もされていなかったようですね。

スポンサーリンク



10人の方々のネットの声を紹介しています。

ネットでの反応を見てみました。

位置づけは原動機付自転車は弱者にあたります。

基本、日本の公序良俗で考えれば、弱者を守る義務があります。

原付は30㎞/hの速度制限があり、制限速度50㎞/hの道路では、安全を確保して追い越す形になります。

抜く側の交通強者が安全を図り、弱者を守りながら追い抜く義務があると言えます。

対向車が迫りつつ、安全に抜き切る状況がないで、追い越し途中で対向車が迫り、幅寄せ状態で接触した。

または、意図的に幅寄せした。
と言う状況が察せます。

原付が老齢者でふらふらしていた、または悪辣を働いた、だから報復したは、交通の安全と関係ない刑事上の故意であると思います。

出典;Yahoo!ニュース

タンクローリーみたいに大きい車なら特に、追い抜く原付が急に転倒しても問題ないように、かなりのスペース取らないといけない。
気付かなかったのは本当かも知れないが、危険予知が足りてない。

出典;Yahoo!ニュース

生活してる中で事故は付き物!
だからこそ強者、弱者の危機管理していかなくてはいけない。
運転者側の教育も大事ですが、歩行者、自転車原付等の弱者の教育にもっとチカラいてれ欲しいです。

出典;Yahoo!ニュース

タンクローリーと原付じゃ気づかなくても無理はない感じはする。
原付も無茶な運転するの多いし。
でもひき逃げはひき逃げなんだよね

出典;Yahoo!ニュース

十分な間隔を空けて追い抜かないから接触する。

出典;Yahoo!ニュース

苦しい言い訳ですね。左のバックミラーで転倒は分かっていたはず!

出典;Yahoo!ニュース

おれは、空き缶踏んでも、
気づくけどね。
乗用車だけど・・・

出典;Yahoo!ニュース

まあぶつかったら衝撃があるからわからないことはないわな。

出典;Yahoo!ニュース

とりあえず気付かなかったと言えば済むと思っているんでしょう。

出典;Yahoo!ニュース

空荷のローリーは暴走率高い
箱車もだけど、、

出典;Yahoo!ニュース

また「トラック交通事故&ひき逃げ事件」。この手の事件は大変多い…。

「ネットの声」にも多数あったが、ひき逃げして、この言い訳にはあきれるばかりである。

被害者には、本当に顔向けできない内容である。

「ぶつかった感覚はない」はとてつもなく考えさせられる理由である。

明日は、自分かも知れないので、真剣に考えてみたい。

最後に、最後までお読みいただきありがとうございました。今後も読者の皆さんにより正確な具体的な事件の情報をお届けできる努力していきたいと思います。次回の投稿も楽しみにしてくださいね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする