サロン開業の「知恵の発掘」のまとめサイトNO2。

サロン開業の「知恵の発掘」のまとめサイトが、開業に興味のある方向けの知識(NO.2)をまとめてみました。

「この時に輝くサロン開業サイト」を目指しています。

では、最初に目次を見てから読み始めてみてくださいね。

<サロン開業の最新情報>

ボディケアサロンの開業したい人の最新情報(必見)
ボディケアサロン開業までのノウハウを徹底的に支援するスク-ルが、今、格安でボディケア技術習得編の受付先着募集している所があります。
上記の情報を知りたい方は→こちらをクリック

出典;yurumiya.com

スポンサーリンク



サロンの開業は、素人でも参入しやすい業界である。

<サロンの開業の基礎知識編>

1自由業で、どこでも開業が可能である。

2資格免許が必須という訳ではない。

等の2つの要素があるために、素人が参入しやすい職業であることは間違いない。

その理由とは。

最高裁判決(1960年1月27日)。

医業類似行為(医師がおこなう治療以外で、健康や症状の改善をもたらす行為)では、

「人の健康に害を及ぼすおそれがあること」

が認められない限り、処罰の対象とならないという解釈をされている。

❶施術と会話を通じたコミュニケーション
❷香りや音楽などの五感に働きかける癒し
有資格者がされている「治療」とは、一線をひけば特に問題はないとのこと。

スポンサーリンク



サロンの開業の心構えを紹介。

<サロンの開業の重要情報>

心構え。

自分のお金を投資して
❶備品を揃える
❷自分で宣伝したりし集客を行う
❸売上や経費の計算もする
全て「自身の責任で行う」ことを
「継続してやり続ける」
心構えがあるかが大変重要になる。
❶技術力
❷経営力
の両方が必要となり、バランスのとれた人間になることが目標となる。

<実際の経営者よりの声を一人紹介>

覚悟がなければダメ。(これは自営業者なら全員に言えること)

スピリッツ 夢があるか?
❷ドリーム それを実現するビジョンがあるか?

目的 それを実現できる可能性を上げるだけのものを自身が持っているか?
メインの武器 主たる仕事で使う武器以外に強みはあるか?
他者に勝つための武器(これが大事!) 協力者はいるか?
仲間人として魅力があるか? → 自分自身(これがなければ何をしてもダメ)

スポンサーリンク



サロンの開業の行政手続き(開業届)。

お店の住所を管轄する税務署に、開業前に届けを出すことが必須です。

※開業して1か月以内に提出することが必要です。

→開業届のこちら

税金申告に青色申告か白色申告かを選びます。
開業日から2ヶ月以内に提出します。

<青色申告のメリット>

●青色申告は65万円まで税金を控除。(6万5千円の節税になる)。

●赤字を3年繰越すことができる。

●自宅を活用すると、自宅の家賃や光熱費の一部を必要経費として課税所得から差し引くことができる。

<青色申告のデメリット>

「複式簿記」が必要です。

●損益計算書と貸借対照表の両方を毎年作成し、決算書として3月15日までに提出する必要があります。

●請求書、領収書、帳簿は5年~7年間の保管が必要。

※売上が大小にかかわらず義務は果たす必要がある。中小事業者にとっては手間が増えてしまう場合があります。

※事業が軌道に乗って売上が多くなれば青色申告にする方法がベストかも知れませんね。

<白色申告の場合>

● 白色申告での記帳義務は、

所得が300万を超えた場合(利益)となっています。

例、年間売上が1,000万円で、経費率の70%であれば、利益300万となります。

※白色申告では、どんな記録を残すのか明確な基準がないので自分の経理をすればよい。

※詳しいことは税理士さんに尋ねてみよう。

スポンサーリンク



サロン開業で、経理の大事な事。

個人事業で営業をしていると、日々の仕事に追われ、事務的な仕事は後回しになる事が多い。

経理は経営管理でもあり、どのぐらい売上て経費との対比であったり、利益をあげるための数値の参考になる。

「数字はうそをつかない」という有名な言葉通り、毎日ではなくても1カ月に1回ぐらいは、帳簿を付ける習慣と戦略をみなおす時間を取る事をお勧めします。

クラウド型会計ソフトの活用。

クラウド型会計ソフトの活用は絶対する方をお勧めします。

入力作業が楽になり、時間の短縮を望める。
❷入力中に疑問がでたら、
チャットで質問したりできる。
電話で質問したりできる。
<クラウド型会計ソフトの紹介>
●会計ソフト「MFクラウド会計」はこちら→
●無料で使える「やよいの青色申告 オンライン」は
こちら→
●全自動のクラウド会計ソフトfreee(フリー)は
こちら→

※1ヶ月無料で使えるので全部試して使いやすいものをためしてみましょう

スポンサーリンク



サロン開業のシリーズの記事を紹介。

●サロン開業の「知恵の発掘」のまとめサイトNO1。

→こちら

●サロン開業の準備「知恵の発掘」のまとめサイトNO3。

→こちら

●サロン開業の準備「知恵の発掘」のまつめサイトNO4。

→こちら

●サロン開業の知識「知恵の発掘」のまとめサイトNO5。→こちら

●サロン開業の方法「知恵の発掘」のまとめサイトNO6。→こちら

サロン開業のまとめ。

最後までお読みいただきありがとうございました。今後も読者の皆さんに、「サロン開業」のニュースをより正確にお届けできる努力していきたいと思います。次回のNO.3以降の投稿も楽しみにしてくださいね。

<最新情報>

●ボディケアサロンの開業したい人の最新情報(必見)
ボディケアサロン開業までのノウハウを徹底的に支援するスク-ルが、今、格安でボディケア技術習得編の受付先着募集している所があります。
上記の情報を知りたい方は→こちらをクリック

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする