坂口綾(さかぐちあや)容疑者の顔画像、職業&職場確定!!交通事故で女子大学生意識不明の重体!事故現場、SNS調査報告付。

愛知県豊田市の信号交差点で女子大生が乗用車にはねられ、警察は車を運転していた名古屋刑務所の職員の女を逮捕しました。  

一体何があったのでしょうか?

出典;交差点で19歳女子大生が乗用車にはねられ意識不明の重体 刑務所職員の51歳女を過失運転致傷容疑で逮捕(東海テレビ)のコメント一覧 – Yahoo!ニュース

事件の概要

それでは、報道されている事件の概要を説明しますね。

何があったのでしょう…。

28日夜、愛知県豊田市の信号交差点で女子大生が乗用車にはねられ、警察は車を運転していた名古屋刑務所の職員の女を逮捕しました。  

28日午後6時半ごろ、豊田市亀首町の信号交差点で、横断歩道を歩いて渡っていた大学生の月山未夢さん(19)が、走ってきた乗用車にはねられました。  

月山さんは病院に運ばれましたが、全身を強く打っていて意識不明の重体です。  

警察は、乗用車を運転していた名古屋刑務所の職員・坂口綾容疑者(51)を、過失運転致傷の疑いで現行犯で逮捕しました。  

調べに対し、坂口容疑者は容疑を認めています。  

警察は坂口容疑者から話を聞くなどして、事故の原因を調べています。

出典;交差点で19歳女子大生が乗用車にはねられ意識不明の重体 刑務所職員の51歳女を過失運転致傷容疑で逮捕(東海テレビ)のコメント一覧 – Yahoo!ニュース

どうして、こんな事件が起きたのでしょう。

んなことはあってはならないと思いつつ、これから真相が徐々に明らかとなる事でしょう。

しかし、本当の事件の詳細は、きっと本人にしかわからないであろうと考えます。

いろいろな事が分かり次第、追記させていただきますね。

坂口綾(さかぐちあや)容疑者の顔画像は?

今回逮捕された坂口綾(さかぐちあや)容疑者の顔画像はネットで公開されているのでしょうか。

現在、坂口綾(さかぐちあや)容疑者の顔画像は、ニュース等では、公開されておりませんでした。

詳しい真相はわかりませんが、新しい情報が入り次第、追記させていただきますね。

坂口綾(さかぐちあや)容疑者のプロフィ-ル

名前坂口綾(さかぐちあや)
年齢51歳
出身愛知県豊田市?
職業名古屋刑務所の職員

坂口綾(さかぐちあや)容疑者のFacebookアカウントは?

また、こちらで坂口綾(さかぐちあや)容疑者のFacebookアカウントを調査させていただきましたが、アカウントを特定することは残念ながら、出来ませんでした。

そこで今回は、Facebookの検索結果のみを、ご紹介させていただきますので、お気になられる方はこちらから検索してみてくださいね。

→坂口綾(さかぐちあや)容疑者のFacebookアカウントの検索結果は、こちら→

新しい情報が入り次第、追記していきますね。

事件の現場は?

事件が発生したのは、愛知県豊田市亀首町の信号交差点です。

出典;交差点で19歳女子大生が乗用車にはねられ意識不明の重体 刑務所職員の51歳女を過失運転致傷容疑で逮捕(東海テレビ)のコメント一覧 – Yahoo!ニュース

Googie Map上では、この位置になりそうですね。

勤務先は?名古屋刑務所の職員。

愛知県みよし市ひばりヶ丘1丁目1

ネットの反応は?

ネットでの反応を見てみました。

人事院 懲戒処分指針
(2) 飲酒運転以外での交通事故(人身事故を伴うもの)
ア 人を死亡させ、又は重篤な傷害を負わせた職員は、免職、停職又は減給とする。

警察の場合は警察指針(大元は人事院指針が基準)だけど、刑務所は法務省管轄の国家公務員なので人事院の指針に従う。

減給は最低ラインだけど、そこから停職、免職になっていく。

被害者の方が意識不明の重体なので停職あたりにはなってきそうですね。

警察は完全に箍が外れてるけど、刑務所もタガとは言わないにしてもボルトが抜けてると思う。

出典;Yahoo!ニュース

記事では分からないけど、もし女子大生が信号無視していた場合も、車の運転手が逮捕されるのかな。

出典;Yahoo!ニュース

赤信号で歩行者が渡っていたとしても車は回避する義務がある。

歩行者が悪いは通用せんよ!

何でも危険回避の予測運転を心掛けてれば事故のリスクは相当低くなります。

出典;Yahoo!ニュース

こんな悲しい事件が2度と起きないことを祈りたいです。
交通事故の明日は我が身かもしれません。

しかし、車と歩行者はどんな状況でも車が悪くなります。

最善の注意をしても、足りないくらい、それだけ責任のある移動道具を日常使っているいるということを肝に銘じなければなりません。

被害者の方が助かる事を共に祈りましょう。

このような事故が減るような世の中になってほしいものですね。

最後に、最後までお読みいただきありがとうございました。今後も読者の皆さんにより正確な具体的な事件の情報をお届けできる努力していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする