西川貞寛容疑者の顔画像、フィスブック(特定か!!)、浄水設備の整備工事の現場、職場等、業者に便宜を図った見返りに、現金210万円のワイロを受け取る市の課長、続くこの犯罪あきれ顔の国民。

兵庫県赤穂市が発注した浄水設備の整備工事を巡り、業者に便宜を図った見返りに、現金210万円のワイロを受け取ったとして、市の課長が逮捕された。

一体何があったのでしょうか?

出典;赤穂市の上下水道部の課長 収賄容疑で逮捕 業者に便宜を図った見返りに、現金210万円受け取る(読売テレビ)のコメント一覧 – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク



事件の概要

それでは、報道されている事件の概要を説明しますね。

何があったのでしょう…。

兵庫県赤穂市が発注した浄水設備の整備工事を巡り、業者に便宜を図った見返りに、現金210万円のワイロを受け取ったとして、市の課長が逮捕された。

収賄の疑いで逮捕されたのは、赤穂市の上下水道部の課長、西川貞寛容疑者。

警察によると、西川容疑者は去年、市が発注した浄水場の設備の整備工事を巡り、岐阜県内の業者が製造するタンクを納入しやすくするよう便宜を図った見返りに、業者から現金210万円のワイロを受け取った疑いが持たれている。

西川容疑者は、工事の仕様書をこの業者のタンクが選ばれやすくなるように、材質や大きさなどを、書き換えたという。  

赤穂市では、おととし、市の職員2人が加重収賄などの疑いで逮捕されていて、市長は「度重なる不信を招いた」として謝罪した。

出典;赤穂市の上下水道部の課長 収賄容疑で逮捕 業者に便宜を図った見返りに、現金210万円受け取る(読売テレビ)のコメント一覧 – Yahoo!ニュース

どうして、こんな事件が起きたのでしょう。

そんなことはあってはならないと思いつつ、これから真相が徐々に明らかとなる事でしょう。

しかし、本当の事件の詳細は、きっと本人にしかわからないであろうと考えます。

いろいろな事が分かり次第、追記させていただきますね。

西川貞寛容疑者の顔画像は?

今回逮捕された西川貞寛容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか。

それがこちらです。

出典;赤穂市の上下水道部の課長 収賄容疑で逮捕 業者に便宜を図った見返りに、現金210万円受け取る(読売テレビ)のコメント一覧 – Yahoo!ニュース

新しい情報が入り次第、追記させていただきますね。

スポンサーリンク



西川貞寛容疑者のプロフィ-ル

名前西川貞寛(にしかわ ただひろ)
年齢58歳
出身不明
職業赤穂市の上下水道部の課長

西川貞寛容疑者のFacebookアカウントは?

また、こちらで西川貞寛容疑者のFacebookアカウントを調査させていただきましたが、アカウントを特定することは残念ながら、出来ませんでした。

そこで今回は、Facebookの検索結果のみを、ご紹介させていただきますので、お気になられる方はこちらから検索してみてくださいね。

→西川貞寛容疑者のFacebookアカウントの検索結果は、こちら→

新しい情報が入り次第、追記していきますね。

事件の現場は?

事件が発生したのは、兵庫県赤穂市が発注した浄水設備の整備工事の施設です。

出典;赤穂市の上下水道部の課長 収賄容疑で逮捕 業者に便宜を図った見返りに、現金210万円受け取る(読売テレビ) – Yahoo!ニュース

場所の特定まで、いけませんでした。

勤務先は?兵庫県赤穂市の上下水道場。

出典;赤穂市の上下水道部の課長 収賄容疑で逮捕 業者に便宜を図った見返りに、現金210万円受け取る(読売テレビ)のコメント一覧 – Yahoo!ニュース

Googie Map上では、この位置になりそうですね。

このような事件が少なくなることを願っています。

ネットの反応は?

ネットでの反応を見てみました。

河井事件では貰った方が無罪なのに、公務員だったのでやむを得ませんね。厳罰でお願いします。

出典;Yahoo!ニュース

大昔、赤穂の市役所に努めてた、友人がね宇高連絡船の上から飛び込んで自殺しました。汚職の問題が無かったのかなーーー

出典;Yahoo!ニュース

赤穂市だけでなく構造的な問題だと思う、今や非正規職員が多くなり、技術の伝承が出来ていない、昔は先輩が面倒を見ていたが今はどうなっているのか?

わからないことは業者に聞くほうが早いから積算や技術の相談をして、貸し借りができて見積もりを頼んだりし、癒着が始まる。

友達が赤穂市に勤めていたが、技術力もなく外部に頼りきりで、兵庫県に出向し、定年まで勤めていた。身につけた技術を伝承するわけでなく。

提案   

組織の中に技術を伝承するだけの人材育成ができていない。

在職中の敎育訓練がなされているのか?

今、国、県、市町村は外部委託で仕事を発注するから技術者が育たない。

ある国や大都市の市では用地買収交渉まで民間委託になり、役所は業務管理をして、仕事に対する責任が希薄となり、明石市市長の暴言騒動もその一部である。

住民に奉仕するという大前提も無くなっている。悪い意味での公務員気質が蔓延している。

出典;Yahoo!ニュース

この手の事件は、いっこうになくなる気配がない。

政府も含め、真剣にメスをいれられているとは言えない状況だからなのか・・・

都道府県、市町村レベルでも出来る事だと思われるが、再犯に再犯を繰り返される現状は、国民もあきれ顔・・・

ネットのいい意見に耳を傾けるべきかと・・・

このような犯罪が減るように現在の日本の制度が変更される願っています。

こんな心苦しい事件か起きないような世の中になってほしいものですね。

最後に、最後までお読みいただきありがとうございました。今後も読者の皆さんにより正確な具体的な事件の情報をお届けできる努力していきたいと思います。次回の投稿も楽しみにしてくださいね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする