森保一監督の顔画像。日本人監督、代表監督への誕生への道へ駆けあがれ…。

サッカー日本代表監督の速報をお届けします。

森保一監督。日本人監督、代表監督への道へ駆けあがれ…。

出典;www.albirex.co.jp 

スポンサーリンク



森保一監督の誕生かの概要

それでは、報道されている日本代表監督の事件の概要を説明しますね。

森保一監督で統一か…。

日本サッカー協会が、日本代表のロシアW杯終了後、次期代表監督の有力候補に挙げていたフランス人のアーセン・ベンゲル氏(68)と接触し、話し合いが決裂していたことが14日、分かった。

既に前ドイツ代表監督のユルゲン・クリンスマン氏(53)とも破談。

協会内にはW杯の結果を受けて日本人監督を推す声が多く

現状ではU―21日本代表の森保一監督(49)のA代表との兼任案が、20日の技術委員会で諮られる。

日本協会関係者とベンゲル氏は、日本代表がロシアW杯で16強敗退後、モスクワで極秘に接触した。

同氏は昨季限りで22年間指揮したプレミアリーグの強豪アーセナルの監督を退任し、招聘(しょうへい)のチャンスではあった。

過去にJリーグの名古屋を率い、トルシエ元監督を紹介するなど日本サッカーを理解し、つながりもある。

W杯前から水面下で意向を調査し、就任の可能性を探り直接話し合ったが、条件面で合意に至らなかった。

日本協会では既に、もう一人の外国人候補だったクリンスマン氏と破談。

外国人監督の売り込みもあるが、技術委員の中には、対話と日本人の持ち味を生かし下馬評を覆して16強入りした西野朗監督(63)の路線を継続するため、日本人指揮官に22年カタールW杯への道を託そうという声が多い。

複数の委員からは「日本人がやる時代。このタイミングなら森保さんしかいない」

「委員会では日本人を推す」「世界で勝つことを考えると外国人の方がいいとは思うが、日本人でも問題はない」などの意見がある。そのため、20日の技術委員会では、ロシアW杯でA代表のコーチを務めたU―21代表の森保監督の兼任が最有力案となる。

技術委員会では4月に一度、ロシアW杯後の日本人監督路線を確認したが、その後、一部委員から外国人も含め幅広く候補者を探すべきとの意見が出たため、外国人指導者を複数リストアップした。

だが、合意に至った候補者がおらず、日本人監督案に回帰することになった。

ただ、ほかの外国人候補を推す可能性のある委員もおり、2つの代表カテゴリーを指揮する森保氏の負担が大きいなどの声もあるため、技術委員会で最終調整する方針。

ある技術委員は「最後は関塚(隆)委員長に一任という形で、田嶋会長と話して決めるだろう」と話す。田嶋幸三会長(60)は7月中に新監督を決めたい方針で、森保氏本人の意向も含め課題が解消できれば、理事会に推挙される見込みだ。

出典;headlines.yahoo.co.jp

フランス人のアーセン・ベンゲル氏(68)とのことは、これから真相が徐々に明らかとなる事でしょう。

いろいろな事が分かり次第、追記させていただきますね。

スポンサーリンク



森保一監督の監督の成績

監督成績

J1 広島 優勝 2012
J1 広島   優勝   2013
J1 広島 8位  2014
J1 広島   優勝   2015
J1 広島 6位  2016
J1 広島   17位   2017

森保一監督で統一かの事件のネットの反応は?

ネットでの反応を見てみました。

ベンゲル監督が見たかった

出典;Yahoo!ニュース

ベンゲルのもっと詳しい決裂理由が知りたい

出典;Yahoo!ニュース

そうかダメだったか・・・年齢的に最後のチャンスだったのに、もう日本代表監督のベンゲルは見れないなぁ

出典;Yahoo!ニュース

日本人監督でいいと言う人も多いが、外国人監督に期待する人も多い。

どちらにしても、優勝を期待したい気持ちは、皆さん同じである。

出来れば、4年間しっかりと最後まで務める監督を期待したい。

最後に、最後までお読みいただきありがとうございました。今後も読者の皆さんにより正確な具体的な事件の情報をお届けできる努力していきたいと思います。次回の投稿も楽しみにしてくださいね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする