みたらし祭、2018下鴨神社京都、動画やアクセス、駐車場等を紹介しています。

みたらし祭2018は、7月の土用の五の日 (前後5日間)に実施されます。

みたらし祭2018の「日程、場所、連絡先、地図、アクセス」をまとめ、「みたらし祭2018の見どころ」を紹介しています。

そして最後に、みたらし祭2018の「駐車場」の確認を行いましょう。

では、みたらし祭2018について、詳しく紹介していきますね。

出典;www.jisyameguri.com


出典;blogs.yahoo.co.jp

スポンサーリンク



みたらし祭2018の概要。

<2018年の祭りの重要情報>

みたらし祭2018の日程は、

7月の土用の五の日 (前後5日間)に予定されています。

出典;blog.yagasuri.com

みたらし祭2018の詳細は、以下にまとめておきました。

日程 2018年7月の土用の五の日 (前後5日間)
※2018年7月20日(金)~29日(日)5時30分~21時
※初日は9時から
会場 下鴨神社
電話番号 下鴨神社
TEL:TEL:075-781-0010
地図 京都市左京区下鴨泉川町59
アクセス <電車の場合>
・地下鉄(烏丸線)京都駅~北大路駅まで、北大路駅より市バス1番・205番(約25分)下鴨神社前(もしくは糺ノ森前)
・市バス京都駅~下鴨神社前(もしくは糺ノ森前)まで市バス4番・205番
・JR乗り換え京阪 出町柳駅:京都駅からの乗り継ぎ→JR奈良線:京都駅~東福寺駅→乗り換え(京阪:出町柳駅行き)→京阪東福寺駅~出町柳駅→徒歩12分
・阪急 河原町駅 より:阪急河原町駅より徒歩5分→京阪祇園四条駅~出町柳駅→徒歩12分
<車の場合>
・京都東IC、京都南ICから30分

一度、みたらし祭2018の一員として、お祭りに参加してみませんか?

お祭りは、「現実の世界」から「夢の世界」に運んでいただけるイベントです。

皆さんが感じる「三大御利益」…。

祭りに参加することで、参加者から「勇気」と「パワー」をもらうことができ、自分も頑張らなければと元気がみなぎってくるのでは…。

普段触れる事の少ない、「伝統や文化」を感じる事で、現実社会と離れる事が出来、少しの時間でも嫌な事を忘れ、あなたの心を「清浄」してくれるのでは…。

そして、明日からまた新たに再スタ-トがきれるのでは…。

「歴史を伝統」を知る事で、人として知識を得ることとなります。そのことで何らかの人としての成長を感じることができるのでは…。

等と思いました。

さて、それでは「みたらし祭2018」を更にイメージを膨らませていただくために、動画を用意しましたのでご覧ください。

スポンサーリンク



みたらし祭の動画です。

みたらし祭2018の素晴らしい雰囲気を感じてみましょう。

目で見る映像は、言葉よりもイメ-ジが湧きますよ。

※京都・下鴨神社で「御手洗祭」池の中に裸足でそろりの0分39秒の動画です。

どうですか、さらにみたらし祭2018の雰囲気を感じていただく事ができましたか。

説明文や動画では、どうしてもお伝えする事の出来ない、周りの人の反応や参加者の祭りに対する気持ちの感覚、

「熱気」や「迫力」は、

実際に祭に参加して、体験することで感じるものであります。

それを感じることの出来る、私が大変お勧めする行事の一つですので、一度検討されてみてはいかがですか。

みたらし祭2018の「みどころ」。

それでは、みたらし祭2018の「みどころ」を紹介させていただきますね。

出典;www.shimogamo-jinja.or.jp

平安期の頃、季節の変わり目に貴族は禊祓いをして、罪、けがれを祓っていた。

土用の丑の日に御手洗池の中に足をひたせば、罪、けがれを祓い、疫病、安産にも効き目があるといわれている。

しかも御手洗池に入れるのはみたらし祭の間だけなので、とても貴重な9日間です。

ロウソクはお祓い祈願のお供え料300円です。

みたらし祭2018の「みどころ」はこれです。

●足つけ神事。

では、紹介していきます。

スポンサーリンク



みたらし祭2018の「足つけ神事」。

出展;chokucchi.exblog.jp

毎年7月の「土用の丑の日」前後に行われる、

世界遺産・下鴨神社の「みたらし祭」。

これは、平安時代の貴族が季節の変わり目に禊をして罪や穢れを祓っていたものが庶民に伝わり、現在の「みたらし祭」の形として伝わっているもの。

この「みたらし祭」は、下鴨神社の御手洗池に足を浸して無病息災を願うことから別名「足つけ神事」とも言われています。

<順路>

❶境内の受付。(行列ができている)
❷受付でお供え料をおさめてロウソクを受け取る。
※この時点で靴は脱ぐことになります。
❸脱ぎやすい靴を履いていくこと。
❹靴とロウソクを手に持ち、御手洗池へと向かいます。
❺御手洗池にかかる輪橋の真下からいよいよ水の中へ。
※御手洗池は地下から湧き出る冷水が流れているので冷たいですよ。→冷たさに心身共に清められていることを体感することでしょう。
※御手洗池は大人の膝くらいまで浸かる水深がありますので、小さい方のおられる方はご参考に…。

みたらし祭2018の「足つけ神事」のアドバイス。

❶膝まで濡れるます。
※服装は、ショートパンツ、スカート、めくれるズボンなどがいいですね。
❷靴は袋を配られますが、それを持ちながら、更に片手にろうそくを持ちます。
※手持ちのかばんNG。
※トートやリュックなどベストです。

スポンサーリンク



みたらし祭2018の駐車場を紹介。

みたらし祭2018の下鴨神社では、駐車場が少ないです。

よって、車を停められない可能性が十分にありますので、公共交通機関で行かれることをお勧めします。

みたらし祭2018に近い駐車場をまとめました。

NO.1

駐車名 リパーク下鴨神社西
住所 京都市左京区下鴨森本町8
時間 24時間
台数 10台
料金 全日:08:00-20:00 30分/200円
20:00-08:00 60分/100円
最大料金:【全日】20:00~8:00以内 最大料金300円
【全日】最大料金入庫後24時間以内1100円
地図

NO,2

駐車名 タイムズ下鴨神社前
住所 京都府京都市左京区下鴨西林町 3
時間 24時間
台数 3台
料金 全日:08:00-20:00 最大料金1500円
20:00-08:00 最大料金400円
08:00-20:00 30分/200円
20:00-08:00 60分/200円30分/100円
(21:00〜07:00 最大料金300円)
地図

みたらし祭2018のまとめ。

いかがだったでしょうか?

みたらし祭2018の全容について紹介しました。

みたらし祭2018の時に旅をすることは、あなたの「思い出作り」の最適場所ではないでしょうか。

是非、「みたらし祭2018」へ一員になったつもりで、参加してみましょう。

そうすると、「元気」「勇気」「活力」「悩みの解消」。そして「人としての成長」を感じれるのではないでしょうか。「楽しさ」や「生きがい」は、人の生活にエネルギ-を与え続けますよ…。

最後までお読みいただきありがとうございました。今後も読者の皆さんに、「みたらし祭」のニュースをより正確にお届けできる努力していきたいと思います。次回の投稿も楽しみにしてくださいね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする