川端勝重(かわばたかつしげ)容疑者の顔画像、ひき逃げの事件現場~勤務先への経路を予想!! 最短15.7km→29分の出来事・・・事件現場&勤務先&SNS等追跡中!!

滋賀県守山市で男子高校生が車にはねられ意識不明の重体となり、ひき逃げの疑いで65歳の男が逮捕されました。

一体何があったのでしょうか?

出典;ボンネットがへこみフロントガラスが割れて・・男子高校生ひき逃げ疑いで65歳の男逮捕(関西テレビ) – Yahoo!ニュース

事件の概要

それでは、報道されている事件の概要を説明しますね。

何があったのでしょう…。

19日、滋賀県守山市で男子高校生が車にはねられ意識不明の重体となり、ひき逃げの疑いで65歳の男が逮捕されました。

ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、滋賀県近江八幡市の警備業の川端勝重容疑者(65)です。

川端容疑者は、19日午前6時半頃、滋賀県守山市矢島町で軽自動車を運転中に自転車に乗っていた高校1年の男子生徒(16)と衝突してけがをさせ、そのまま逃げた疑いが持たれています。

警察が付近の防犯カメラなどを調べ、通行していた軽自動車を確認し、川端容疑者を逮捕しました。

川端容疑者の軽自動車は、ボンネットがへこみ、フロントガラスが割れていました。

警察の調べに対し川端容疑者は、出勤のための通行は認めているものの、「事故は起こしていない、関係のないことだ」と容疑を否認しています。

出典;ボンネットがへこみフロントガラスが割れて・・男子高校生ひき逃げ疑いで65歳の男逮捕(関西テレビ) – Yahoo!ニュース

どうして、こんな事件が起きたのでしょう。

んなことはあってはならないと思いつつ、これから真相が徐々に明らかとなる事でしょう。

しかし、本当の事件の詳細は、きっと本人にしかわからないであろうと考えます。

いろいろな事が分かり次第、追記させていただきますね。

川端勝重(かわばたかつしげ)容疑者の顔画像は?

今回逮捕された川端勝重(かわばたかつしげ)容疑者の顔画像はネットで公開されているのでしょうか。

現在、川端勝重(かわばたかつしげ)容疑者の顔画像は、ニュース等では、公開されておりませんでした。

詳しい真相はわかりませんが、新しい情報が入り次第、追記させていただきますね。

川端勝重(かわばたかつしげ)容疑者のプロフィ-ル

名前川端勝重(かわばたかつしげ)
年齢65歳
出身滋賀県近江八幡市
職業警備業

川端勝重(かわばたかつしげ)容疑者のFacebookアカウントは?

また、こちらで川端勝重(かわばたかつしげ)容疑者のFacebookアカウントを調査させていただきましたが、アカウントを特定することは残念ながら、出来ませんでした。
今回は、同じ漢字のアカウントはありませんでしたので、もしかしたら、Facebookは行っていなかったのかもしれませんね。
新しい情報が入り次第、追記していきますね。

事件の現場は?滋賀県守山市矢島町!!

事件が発生したのは、滋賀県守山市矢島町です。

出典;ボンネットがへこみフロントガラスが割れて・・男子高校生ひき逃げ疑いで65歳の男逮捕(関西テレビ) – Yahoo!ニュース

Googie Map上では、この位置になりそうですね。

事件現場と勤務先への経路を予想!! 最短15.7km→29分の出来事・・・

事件現場と勤務先への経路を予想してみました。

最短15.7km→29分の出来事ですね。

ネットの反応は?

ネットでの反応を見てみました。

此れから先の人生に素晴らしい未来が待ち受けているであろう若者をひき逃げし、ボンネットがへこみフロントガラスが割れている車が証拠として有るにもかかわらず、関係無いと言う神経ってどう言う神経なのか?

出典;Yahoo!ニュース

いい加減轢き逃げの罪をもっと重くしてもいいのではないだろうか。

ひき逃げは高確率で捕まるけども 怖くなって逃げたとかよく聞きますよね。

逃げたことによって助かる命も助からなかったりするわけで

逃走をゼロにするのは無理ですが少なくとも逃げるほうが大損すると思うようにしたほうが逃亡者も減って余計な操作も減りますしいいと思うんですよね。

出典;Yahoo!ニュース

最初は通報した人が疑われていたのに…(笑)かわいそうだわ、通報した人が。そうやって疑われるからすぐ通報したくなくなるんだよ、5分10分後だったとしても通報してくれてよかったじゃん、人通り少なそうな道だし。

何より、高校生の回復を祈ります。

出典;Yahoo!ニュース

やはり、防犯カメラはすごい。

検挙率はあがっているので、罪をおこなさない為のシステムですね。

このような犯罪が減るように現在の日本の制度が変更される願っています。

こんな心苦しい事件が起きないような世の中になってほしいものですね。

最後に、最後までお読みいただきありがとうございました。今後も読者の皆さんにより正確な具体的な事件の情報をお届けできる努力していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする