加藤党也容疑者の顔画像、犯行現場&職場&SNS追跡!!逃げる心???信号無視&車に衝突&相手にケガの三重苦!!一部否認で「逃げのびれるのか」?!

三重県桑名市の国道で故意に信号無視をして車に衝突し、相手の男性にケガを負わせて逃げた危険運転致傷などの疑いで、43歳の男が逮捕されました。  

一体何があったのでしょうか?

出典;現場に車乗り捨て逃走…国道で信号無視して別の車に衝突 相手にケガさせ逃走か 43歳塗装工の男逮捕(東海テレビ) – Yahoo!ニュース

事件の概要

それでは、報道されている事件の概要を説明しますね。

何があったのでしょう…。

三重県桑名市の国道で故意に信号無視をして車に衝突し、相手の男性にケガを負わせて逃げた危険運転致傷などの疑いで、43歳の男が逮捕されました。  

逮捕されたのは、桑名市高塚町の塗装工・加藤党也容疑者(43)です。  

加藤容疑者は1月、桑名市西方の国道の交差点で故意に赤信号を無視して乗用車と衝突、相手の男性にケガを負わせたにもかかわらずそのまま逃げた危険運転致傷などの疑いが持たれています。  

乗用車を運転していた会社員の男性(42)は、腹を打つなどの軽傷です。  

加藤容疑者は事故現場に車を乗り捨て逃走していて、調べに対し「事故を起こして逃げたことは間違いないが、故意に信号無視はしていない」と容疑を一部否認しています。

出典;現場に車乗り捨て逃走…国道で信号無視して別の車に衝突 相手にケガさせ逃走か 43歳塗装工の男逮捕(東海テレビ) – Yahoo!ニュース

どうして、こんな事件が起きたのでしょう。

んなことはあってはならないと思いつつ、これから真相が徐々に明らかとなる事でしょう。

しかし、本当の事件の詳細は、きっと本人にしかわからないであろうと考えます。

いろいろな事が分かり次第、追記させていただきますね。

加藤党也容疑者の顔画像は?

今回逮捕された加藤党也容疑者の顔画像はネットで公開されているのでしょうか。

現在、加藤党也容疑者の顔画像は、ニュース等では、公開されておりませんでした。

詳しい真相はわかりませんが、新しい情報が入り次第、追記させていただきますね。

加藤党也容疑者のプロフィ-ル

名前加藤党也(かとう ともや)
年齢43歳
出身三重県桑名市高塚町
職業塗装工

加藤党也容疑者のFacebookアカウントは?

また、こちらで加藤党也容疑者のFacebookアカウントを調査させていただきましたが、アカウントを特定することは残念ながら、出来ませんでした。

そこで今回は、Facebookの検索結果のみを、ご紹介させていただきますので、お気になられる方はこちらから検索してみてくださいね。

→加藤党也容疑者のFacebookアカウントの検索結果は、こら→

新しい情報が入り次第、追記していきますね。

事件の現場は?

事件が発生したのは、三重県桑名市西方の国道の交差点です。

出典;現場に車乗り捨て逃走…国道で信号無視して別の車に衝突 相手にケガさせ逃走か 43歳塗装工の男逮捕(東海テレビ) – Yahoo!ニュース

Googie Map上では、この位置になりそうですね。

勤務先は?三重県桑名市高塚町の塗装工!!

Googie Map上では、この位置になりそうですね。

三重県なので、調べてみましたが、結構ありました。

今回の事件で塗装工の店にも影響が出なきゃいいのですが。このような事件が少なくなることを願っています。

ネットの反応は?

ネットでの反応を見てみました。

まずは二度とこの男に生涯免許を交付してはならないと思います

以降ハンドルを握っただけで捕縛の対象として欲しい

あまりにも悪質

出典;Yahoo!ニュース

最近、この類の事故で乗り捨て逃走する輩が多いが、
どういう神経をしているのか不思議で仕方ない。

逃げ切れるとでも思っているのだろうか?

かなりの物的証拠を残している筈で、
逃げ切れる確率は殆どないと思うが…

そこまで頭が回らず、先に逃走という考えに
至るところがある意味、凄いと最近思ってしまう。

こんなところから、治安が悪くなっていくのかなぁ…..

出典;Yahoo!ニュース

信号無視に対する法的責任について、故意か過失かは関係ないと思うが。

故意だろうが過失だろうが等しく「信号無視」として取り締まられると思うのだが。

それに、この手の人間は信号無視をしていなくても、自分が車をぶつけたら結局は逃げるんじゃないかな。

その意味では、信号無視の有無は関係ない。

出典;Yahoo!ニュース

何故、逃げるのか・・・私もそう思う・・・

認めていないが、「信号無視があったからか」、まずは、相手の方の救助が先なのに、すぐに逃げてしまう行為にレッドカードですね。

このような犯罪が減るような世の中になってほしいものですね。

最後に、最後までお読みいただきありがとうございました。今後も読者の皆さんにより正確な具体的な事件の情報をお届けできる努力していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする