金兒信行容疑者の顔画像、犯行現場&自宅&SNS追跡中!!父親に暴行を加え死亡の悲劇!!その動機と罪の比重の重さに迫る!!

18日未明、三重県鈴鹿市で父親に暴行を加えたとして、男が傷害の疑いで逮捕されました。

一体何があったのでしょうか?

出典;鈴鹿で父に馬乗りになって暴行か 息子を逮捕 父は死亡(三重テレビ放送) – Yahoo!ニュース

事件の概要

それでは、報道されている事件の概要を説明しますね。

何があったのでしょう…。

18日未明、三重県鈴鹿市で父親に暴行を加えたとして、男が傷害の疑いで逮捕されました。

父親は、その後死亡しました。  

逮捕されたのは、鈴鹿市須賀の無職、金兒信行容疑者(47)です。  

警察によりますと、金兒容疑者は18日午前3時頃、寝室で寝ていた父親の茂さん(71)に馬乗りになって顔を殴るなどの暴行を加えた疑いです。  

その後、父親の茂さんは容体が急変し、外傷性ショックで死亡しました。  

金兒容疑者は「普段から文句を言われていらいらしていたので殴った」などと話しているということです。  

警察は、容疑を傷害致死に切り替えることも視野に捜査を進めています。

出典;鈴鹿で父に馬乗りになって暴行か 息子を逮捕 父は死亡(三重テレビ放送) – Yahoo!ニュース

どうして、こんな事件が起きたのでしょう。

んなことはあってはならないと思いつつ、これから真相が徐々に明らかとなる事でしょう。

しかし、本当の事件の詳細は、きっと本人にしかわからないであろうと考えます。

いろいろな事が分かり次第、追記させていただきますね。

その動機と罪の重さと釣り合うのか?

動機—「普段から文句を言われていらいらしていたので殴った」などと話しているということです。  

罪—傷害致死の疑い。

※傷害致死罪の刑罰は3年以上の有期懲役です。
以下、傷害致死罪と関係の深い暴行罪や傷害罪の刑罰と比較してみましょう。

◎暴行罪······2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金または拘留もしくは科料

◎傷害罪······15年以下の懲役または50万円以下の罰金

傷害致死罪では暴行罪や傷害罪のように罰金刑がありませんので、有罪になり、執行猶予もつかなければ刑務所で過ごすことになります。

有期懲役の上限は20年ですので、最長でも15年と定めている傷害罪より重い罪であることも分かります。

金兒信行容疑者の顔画像は?

今回逮捕された金兒信行容疑者の顔画像はネットで公開されているのでしょうか。

現在、金兒信行容疑者の顔画像は、ニュース等では、公開されておりませんでした。

なぜ、こんな犯行をした容疑者の顔を公開していないのかは謎ですね…。

詳しい真相はわかりませんが、新しい情報が入り次第、追記させていただきますね。

金兒信行容疑者のプロフィ-ル

名前金兒信行(かねとう のぶゆき)
年齢47歳
出身三重県鈴鹿市須賀
職業無職

金兒信行容疑者のFacebookアカウントは?

また、こちらで金兒信行容疑者のFacebookアカウントを調査させていただきましたが、アカウントを特定することは残念ながら、出来ませんでした。
今回は、同じ漢字のアカウントはありませんでしたので、もしかしたら、Facebookは行っていなかったのかもしれませんね。
新しい情報が入り次第、追記していきますね。

事件の現場は?

事件が発生したのは、三重県鈴鹿市須賀自宅の寝室です。

Googie Map上では、この位置になりそうですね。

ネットの反応は?

ネットでの反応を見てみました。

各家庭でいろいろ事情はあるんだろうけど

子供も、20歳過ぎるか、大学卒業するか

少なくとも30前には、独り立ちした方が良いと思う。

独り立ちできる甲斐性は必要だけど

この年代を一緒に居たら、生活パターンや

リズムも違うんだし

そりゃこじれる事が増えるって。

たまの顔見せは親孝行にもなるけど

親なんて、衰えて介護が必要になったら

また戻ってあげりゃ良いんだから

健康な限り、親とは距離を置いた方が

お互い幸せってもんだと思う。

出典;Yahoo!ニュース

47歳で無職で親と同居だったら、それは親として文句の一つも言いたくなるだろうなと思う。

せめて親の介護のために無職になったとかだったら、いいんだけどね。

出典;Yahoo!ニュース

ある程度の年齢になったら結婚してもしなくても実家は出た方が良さそうだな。

出典;Yahoo!ニュース

こんな悲しい事件が2度と起きないことを祈りたいです。
ご冥福をお祈りします。

息子の為に言っていた事が、このような事件に発展・・・

やはり成人すれば、別々に住むのがベストなのか???

ネットのご意見番のかたもそのような意見が多かった。

このような犯罪が減るような世の中になってほしいものですね。

最後に、最後までお読みいただきありがとうございました。今後も読者の皆さんにより正確な具体的な事件の情報をお届けできる努力していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする