介護福祉士国家対策mt国家対策室2020(人間の尊厳と自立—第32回~第26回—7年間)の傾向を分析。 

人間の尊厳と自立

32回
◎事例—最近では,最期の時を自宅で静かに過ごしたいと思い,以前の計画のままでよいか気持ちに迷いが出てきたので,訪問介護(ホームヘルプサービス)のサービス提供責任者に相談
●利用者の意思を代弁することを表す用語—アドボカシー
31回
◎事例—一人暮らしを続けることが不安に対する訪問介護員(ホームヘルパー)の応答
●『夜と霧』や『死と愛』の著作があるフランクル(Frankl, V.)が提唱した価値の説明
30回
●アメリカで展開した自立生活運動
◎事例—介護福祉職がAさんへのアドボカシーの視点からBさんに行う対応
29回
◎事例—食堂のいすに足が触れて転倒して,捻挫の痛みで歩くことができなくなり,車いすでの移動になった。捻挫は1週間ほどで完治したが,歩くことを拒み,現在でも車いすでの移動を続けている。徐々に口数も少なくなり,「歩くことが不安だ。周りに迷惑をかけてしまう」と言い,何に対しても消極的な様子がみられた時の介護福祉職の関わり
●障害児・者に対して,ノーマライゼーションの理念を実現するための方策
28回
●糸賀一雄の「この子らを世の光に」という思想
◎事例—訪問介護事業所が,アドボカシーの視点からAさんと息子を支援す
る場合の対応
27回
●1956 年(昭和31 年)当時,肺結核で国立療養所に入所していた朝日茂氏は、1957年(昭和32 年),厚生大臣の決定を取り消すことを求める訴訟を起こした事について。
●「障害者差別解消法」
26回
●児童福祉法、社会福祉法、老人福祉法、障害者総合支援法、ホ-ムレス自立支援法の自立関する記述について
◎事例—軽度の認知症があり親族に預金通帳の管理を頼んでいる。最近,家事援助のために宅を訪れた訪問介護員(ホームヘルパー)は, 「親族が勝手にお金を使い込んでいるらしい」と聞いた。訪問介護員(ホームヘルパー)がサービス提供責任者と共に,最初に取り組むべきこと

まとめ

●アドボカシ-の視点は、絶対に外せない。

●事例は必ずでている。

●歴史や理念や思想等も少し押さえておきたい項目である。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする