いくたま夏祭2021の見どころ等「お祭り情報満載!!」。最新情報&動画や画像の「見える化情報」も見逃すな!!

いくたま夏祭の見どころ等、「情報満載」をテ-マに掲載しています。

選びたい情報は「目次をワンタッチするだけでOKです!!」

掲載内容は、「みどころ画像、重要情報(最新情報、日程、会場、電話番号、地図、アクセス)、みどころ動画、みどころ、日時の流れ、いくたま夏祭みどころ5選(❶金銀神輿、❷獅子舞、❸枕太鼓、❹渡御列、❺生國魂神社の屋台)、駐車場、祭りの歴史、まとめ」まで掲載しています。

では、いくたま夏祭について、詳しく紹介していきますね。

出典;www.ueroku-wake.net

いくたま夏祭の最新情報&概要。

<いくたま夏祭の重要情報>

いくたま夏祭の日程は、

●毎年7月11、12日に予定されています。

出典;www.ueroku-wake.net

●最新情報—追跡中。

いくたま夏祭の詳細は、以下にまとめておきました。

日程 ●毎年7月11、12日に予定されている。
会場 生國魂神社
電話番号 生國魂神社社務所
06-6771-0002
地図 大阪府大阪市天王寺区生玉町13-9
アクセス <電車の場合>
・JR「天王寺駅」から地下鉄谷町線「谷町九丁目」~徒歩4分
・JR「天王寺駅」もしくは大阪環状線「鶴橋駅」から徒歩20分
<車の場合>
・阪神高速1号環状線、道頓堀ICから700m

一度、いくたま夏祭の一員として、お祭りに参加してみませんか?

お祭りは、「現実の世界」から「夢の世界」に運んでいただけるイベントです。

皆さんが感じる「三大御利益」…。

祭りに参加することで、参加者から「勇気」と「パワー」をもらうことができ、自分も頑張らなければと元気がみなぎってくるのでは…。

普段触れる事の少ない、「伝統や文化」を感じる事で、現実社会と離れる事が出来、少しの時間でも嫌な事を忘れ、あなたの心を「清浄」してくれるのでは…。

そして、明日からまた新たに再スタ-トがきれるのでは…。

「歴史を伝統」を知る事で、人として知識を得ることとなります。そのことで何らかの人としての成長を感じることができるのでは…。

さて、それでは「いくたま夏祭」を更にイメージを膨らませていただくために、動画を用意しましたのでご覧ください。

いくたま夏祭のみどころ動画。

いくたま夏祭の素晴らしい雰囲気を感じてみましょう。

目で見る映像は、言葉よりもイメ-ジが湧きますよ

●枕太鼓お練り いくたま夏祭 宵宮の12分5秒の動画です。

●いくたま夏祭 枕太鼓お練り 本宮の15分55秒の動画です。

どうですか、さらにいくたま夏祭の雰囲気を感じていただく事ができましたか。

説明文や動画では、どうしてもお伝えする事の出来ない、周りの人の反応や参加者の祭りに対する気持ちの感覚、

「熱気」や「迫力」は、

実際に祭に参加して、体験することで感じるものであります。

それを感じることの出来る、私が大変お勧めする行事の一つですので、一度検討されてみてはいかがですか。

いくたま夏祭の「みどころ」。

それでは、いくたま夏祭の「みどころ」を紹介させていただきますね。

今年は、昭和20年以来、70年ぶりに渡御列が復活します。

祭は11日の「宵宮」、12日の「本宮」の2日間にわたって行なわれますが、その最大の見どころは、「枕太鼓」「獅子舞」「金銀神輿」の「おねり」です。

前後左右に太鼓台が揺さぶられる中、

願人と呼ばれる男衆が激しく太鼓を打ち鳴らす枕太鼓

子どもとは思えない見事な所作で舞われる獅子舞

そして美しく飾られた神輿が境内を走り回る金銀神輿。

枕太鼓の雄壮さ、獅子舞の愛らしさ、そして金銀神輿のきらびやかさ、これらが三位一体となって祭りを盛り上げます。

そして、今年は渡御巡幸が復活し、生國魂神社から谷町筋を大阪城に向かって本宮の12日に行われます。

夏の大阪の街をさらに熱くします。

出典;www.ueroku-wake.net

いくたま夏祭の日時の流れ—参考

●宵宮
★宵宮祭 午前9時半
枕太鼓   :(宮出)午前10時 (宮入)午後4時半
中太鼓   :(宮出)行宮より (宮入)午後5時
子供太鼓  :(宮出)行宮より (宮入)午後5時
子供みこし :(宮出)行宮より (宮入)午後5時
獅子舞   :(宮出)午後1時半(宮入)午後5時半
金・銀神輿 :(宮出)午後1時 (宮入)午後6時
子供太鼓  :(宮出)午後1時 (宮入)午後6時
獅子舞おねり  :午後7時
金・銀神輿おねり:午後7時
枕太鼓おねり  :午後7時
●本宮
本宮祭り 神幸祭   :午前10時斎行
渡御巡幸(おわたり)  :午前10時半
元宮駐輦(大阪城内) :午後3時
還 幸 祭        :午後7時
獅子舞おねり      :午後8時
金・銀神輿おねり    :午後8時
枕太鼓おねり      :午後8時

いくたま夏祭みどころ5選

❶金銀神輿。

派手に飾られた神輿が練り歩く金銀神輿。

宵宮、本宮両日とも午後7時30分から、30分間にわたって、境内を処せましと走り回るその姿は、男の荒々しさも見せてくれます。

また、この神輿に華を添えるのが「子供太鼓」。

その愛らしい姿と、枕太鼓とは違い、繊細で風情のある独特のリズムが、祭りをいっそう盛り上げてくれます。

出展;www.ueroku-wake.net

❷獅子舞。

邪気を払うといわれる獅子舞。

いくたま夏祭の獅子舞は、別名「子供獅子」とも呼ばれ、子供たちによって行なわれるのが特徴です。

揃いの法被を着た子どもたちが練り歩く姿はとても愛らしく、見る人々をなごませます。

昨年はほんの小さな子供たちから中学生まで、200名以上も参加をしました。

可愛らしい姿の一方で、この晴れの日に向けて一生懸命練習をした子供たちは、舞にお囃子の太鼓と、見事に統制のとれた巡行を見せてくれます。

出典;www.ueroku-wake.net

❸枕太鼓。

太鼓台の上に積まれた太鼓を願人(がんじ)と呼ばれる叩き手が鳴らす枕太鼓。

夏祭の渡御(とぎょ)の中でも、先頭を行くのが枕太鼓です。

太鼓を叩くことには、邪気を払う意味がありますが、もう一つ「おしめし太鼓」といって、氏地の方たちに巡行が来ていることを知らせる、という意味もあります。

願人の装いは「晴着」と呼ばれ、赤い頭巾をかぶり、瓢箪模様の法被を着ていますが、これは「忍び」の姿が起源といわれています。

出典;www.ueroku-wake.net

❹渡御列。

❺生國魂神社の屋台の風景。


出典;www.ueroku-wake.net

いくたま夏祭の駐車場を紹介。

いくたま夏祭では、駐車場が少ないです。

よって、車を停められない可能性が十分にありますので、公共交通機関で行かれることをお勧めします。

いくたま夏祭に近い駐車場をまとめました。

NO.1

駐車名 アローパーキング生玉神社前
住所 大阪府大阪市天王寺区生玉町6
時間 不明
台数 不明
料金 有料
地図

NO,2

駐車名 タイムズ生玉寺町第2
住所 大阪府大阪市天王寺区生玉寺町3
時間 24時間
台数 6台
料金 全日:駐車後24時間/最大料金1300円
08:00-22:00 30分/200円
22:00-08:00 60分/100円
地図

いくたま夏祭の歴史。

大阪三大夏祭の一つ「いくたま夏祭」は、平安時代に始まったと伝えられ、昭和初期に最盛期を迎えました。

「川の天神」に対して「陸のいくたま」と呼ばれ、往時には、約2000人近い渡御列が、元宮のあった大坂城の手前まで巡行しました。

しかし昭和20年の空襲で氏地が焼け野原になると、長い歴史を誇った祭も中断の憂き目にあいました。

そこで、地域住民が立ち上がり、多くの記録や史料が失われた中、一から再興、地域の祭として、その伝統を再び受け継ぎ、現在に至ります。

出典;www.ueroku-wake.net

いくたま夏祭のまとめ。

いかがだったでしょうか?

いくたま夏祭の全容について紹介しました。

いくたま夏祭の時に旅をすることは、あなたの「思い出作り」の最適場所ではないでしょうか。

是非、「いくたま夏祭」へ一員になったつもりで、参加してみましょう。

そうすると、「元気」「勇気」「活力」「悩みの解消」。そして「人としての成長」を感じれるのではないでしょうか。「楽しさ」や「生きがい」は、人の生活にエネルギ-を与え続けますよ…。

最後までお読みいただきありがとうございました。今後も読者の皆さんに、「いくたま夏祭」のニュースをより正確にお届けできる努力していきたいと思います。次回の投稿も楽しみにしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする