ブドウの名産地、山梨県デラウェアの情報。東京、関西県に出荷予定。

山梨県では、甘味と酸味のバランスが良い「デラウェア」のブドウの収穫が峡東地域で始まりました。

一体どのようなことでしょうか?

出典;ANN

スポンサーリンク



山梨県のブドウの収穫の概要

山梨県のブランドのぶどう「デラウェア」です。

出典;UTY

収穫の詳細はこちら…。

山梨県では早くもブドウの収穫が始まりました。

15日から収穫が始まったのはビニールハウスで育てられた「デラウェア」で、甘味と酸味のバランスが良いことで知られています。

1房1200円の値段が付けられることもあるということです。

農家の人たちは、たわわに実ったブドウをはさみを使って1房ずつ丁寧に収穫していました。

今年は生育が順調で、味も良いということです。

収穫は7月下旬ころまで続けられ、主に首都圏や関西方面に出荷されるということです。

出典;ANN

通常ぶどうの収穫時期は6月~10月と言われる。

ビニールハウスで育てられた「デラウェア」は、収穫は7月下旬ころまで続けられらるらしい。

今年は生育が順調で、味も良いということです。

山梨県は、ブドウの生産、全国1位である。

一度食してみたいものだ…。

値段は、1房1200円の値段つくことも。

そすがに、山梨県のぶどう「デラウェア」ですね。


出典;ANN

値段は、1房1200円の値段つくこともあるとのこと。

小売価格は1キロあたり約1万円を見込んでいて、収穫されたブドウは、あす、県内のほか首都圏や関西方面に出荷されるとのこと。

近々の市場でも並ぶことに、楽しみですね。

市場で発見されたら、今回の一番「ブドウ」ですね。

その人の顔を見てみたいものだ。

今年は生育が順調で、味も良いブドウを拡大画像。

今年は、生育が順調で、味も良い、山梨県のブランドのぶどう「デラウェア」アップで撮った写真を集めました。

それがこれです。

出典;ANN

ことしは、3月に入ってからは天候に恵まれたこともあり、今年は甘くておいしいブドウができたらしいですよ。

アップにすると、好きな人にたまらない画像ですね。

ツバを飲み込んでしまいそうです。

新しい情報が入り次第、追記していきますね。

収穫風景は。

収穫作業が始まったのは、

JAフルーツ山梨、JAふえふき管内の合わせて3軒の農家らしい。

このうち、堀内富雄さんのハウスでは、「デラウェア」およそ400キロをひとつひとつ丁寧に収穫されました。

その風景がこちらです。

出典;ANN

大切に育ててきた「愛しのぶどう」。

農家の方の思いを消費者は、しっかり受け止めて食するのでしょうか。

最近のネットの時代なので、人との交流も少なくなってきている。

本来なら、製造者がその思いを伝えて売る形が理想だと、私は思うのだが…。

一つ一つ丁寧と言う言葉では、図り切れない思いであろう。

スポンサーリンク



山梨県はブドウの生産、全国1位

2018年のぶどうの収穫量の全国1位は山梨県です。

都道府県別にみた収穫量割合は、

❶山梨県が50600tで、シェア率25%、

❷長野県が27100tで、シェア率13%、

❸山形県が20100tで、シェア率10%

この3県で全国のシェア率58%を占めています。

その中でも、山梨はシェア率25%を占めるのですね。

山梨のブドウを市場で見る機会があれば、購入してみよう。

ネットの反応は?

ネットでの反応を見てみました。

美味しい

出典;Yahoo!ニュース

ネットの意見は、案外少なかった。

ブドウの収穫の季節は、ハウス栽培がされるようになって、だんだん皆さん分からなくなってきている。

もっともっと、美味しいもののアピ-ルはするべきである。人は、食べ物を食べて、育つのだから…。

天塩掛けて栽培されている「農家」の人の思いを届けるために…。

最後に、最後までお読みいただきありがとうございました。今後も読者の皆さんに、山梨のぶどうのニュースをより正確にお届けできる努力していきたいと思います。次回の投稿も楽しみにしてくださいね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする