岩船寺あじさい、2018京都、動画、アクセス、駐車場等を紹介。

岩船寺あじさい2018では、毎年6月中旬頃から公開が実施されます。

第1セクションでは、岩船寺あじさい2018の「日程、場所、連絡先、地図、アクセス」を紹介しています。

そして、さらに雰囲気をつかんでいただくために、

❶「岩船寺あじさい2018のコラム」

❷「岩船寺あじさい2018の簡単動画」

をご用意し、最後に

→❸岩船寺あじさい2018の見どころ

へと案内していきます。

内容を把握されたら、岩船寺あじさい2018の「駐車場」の確認を行いましょう。

では、岩船寺あじさい2018について、詳しく紹介していきますね。

出典;www.pref.kyoto.jp

スポンサーリンク



岩船寺あじさい2018の概要。

<第1セクション:2018年の祭りの重要情報>

岩船寺あじさい2018の日程は、

毎年6月中旬頃に予定されています。

出典;www.kyotonikanpai.com


出典;hana25.com

詳細は以下にまとめておきました。

日程 2018年6月中旬頃に実施予定。
あじさいの見頃期:6月初旬~7月初旬
あじさいの最盛期:6月18日~6月30日頃
【拝観料】
大人:400円
中学・高校生:300円
小学生以上:200円
【拝観時間】
3月~11月:8時30分~17時
12~2月:9時~16時
会場 岩船寺
電話番号 岩船寺
TEL:0774-76-3390
地図 木津川市加茂町岩船上ノ門43
アクセス <電車・バスの場合>
・JR大和路線「加茂」駅から木津川市コミュニティバスで「岩船寺」下車
・JR大和路線「奈良」駅、または近鉄奈良線「近鉄奈良」駅から奈良交通バスで「浄瑠璃寺」下車、木津川市コミュニティバス(当尾線)に乗り換え「岩船寺」下車
<車の場合>
・京奈和自動車道「木津」ICまたは、国道24号線から加茂方面で高田・浄瑠璃寺経由
・梅谷口から加茂方面で高田・浄瑠璃寺経由
・奈良坂(般若寺)から笠置方面へ(大型バス不可)
※駐車場あり(有料)下記に詳細。

それでは、木津川市観光ガイドの公式サイトの掲載分、タイトル「つぶやき」を参考に、岩船寺あじさい2018の雰囲気を感じてもらいましょう。

梅、椿、桜、睡蓮、百日紅、紅葉など、

四季折々の草花が豊かです。

門前には鎌倉時代といわれる石風呂があります。

岩船寺から浄瑠璃寺までの下り坂の散策を楽しめば、

磨崖仏などの石仏や、地場の野菜や漬物が並んだ吊り店を楽しむことが出来ます。

是非一度歩いてみてください。

出典;0774.or.jp

岩船寺あじさい2018の雰囲気を少しは、つかむ事ができましたか。

是非、岩船寺あじさい2018に参加しましょう。

参加することで、写真や動画だけでは、感じ取れない。

参加することで、素晴らしい景色から、「勇気」と「パワー」をもらうことができるのでは…。

普段に感じる事の出来ない。「感動」を感じる事で、「心に癒し」になり心が洗浄され、明日から、新たに再スタ-トがきれるのでは…。

「素晴らしい景色」を見ることで、「幻想的な世界」に身を置くことで、現実社会と離れる事が出来、少しの時間でも嫌な事を忘れられるのでは…。

等と思いました。

さて、それでは「岩船寺あじさい2018」を更にイメージを膨らませていただくために、簡単な動画を用意しましたのでご覧ください。

スポンサーリンク



岩船寺あじさいの動画です。

岩船寺あじさい2018の素晴らしい綺麗な雰囲気を更に感じてみましょう。

目で見る映像は、言葉よりもイメ-ジが湧きますよ。

❶京都府木津川の岩船寺のあじさいの3分39秒の簡単な動画です。

どうですか、さらに「綺麗な京都の岩船寺あじさい2018」の雰囲気を感じていただく事ができましたか。

説明文や動画では、どうしてもお伝えする事の出来ない、

❶周りの人の反応。

❷幻想的な雰囲気。

「感動」や「ここの癒し」は、

実際に参加して、体験することで感じるものであります。

それを感じることの出来る、私が大変お勧めする行事の一つですので、一度検討されてみてはいかがですか。

岩船寺あじさいの「みどころ」。

それでは、岩船寺あじさい2018の「みどころ」を紹介させていただきますね。

出典;hana25.com

岩船寺あじさい2018の「みどころ3選」はこれです。

❶背景に、重要文化財の三重塔を望むことができる。

❷数々のあじさいが…。

❸お札の番所である。

では、一つ一つ丁寧に紹介していきます。

スポンサーリンク



❶背景に、重要文化財の三重塔を望むことができる。

出展;www.pref.kyoto.jp

雄大な木々に囲まれた石段を登っていくと、

→風情のある岩船寺の山門が出てきます。

色とりどりのあじさいの奥に、

「重要文化財の三重塔」を望む景色は絶品ですよ。

❷数々のあじさいが…。

山門をくぐると、

あじさいの花が両側に咲き乱れています。

❶西洋アジサイ

❷額アジサイ

❸柏葉アジサイ

も見事な花を咲かせ、人々の目を楽しませますよ。

❸岩船寺は、お札の番所である。

❶札所等 関西花の寺二十五カ所 第15番
❷仏塔古寺十八尊霊場会 第4番
❸神仏霊場巡拝の道 第129番

スポンサーリンク



岩船寺あじさいの駐車場を紹介。

岩船寺の民間の有料駐車場です。

NO.1

駐車名 民間駐車場
住所 岩船寺に連絡確認。
TEL:0774-76-3390
木津川市加茂町岩船上ノ門43
時間 不明
<拝観時間に合わせる>
3月~11月:8時30分~17時
12~2月:9時~16時
台数 50台
料金 有料
地図

「四季の花の楽しみの寺」の岩船寺の花の紹介。

春:みやこわすれ・黄菖蒲
夏:紫陽花(あじさい)・睡蓮・百日紅・薮蘭・夏椿
秋:秋海棠・紅葉・薄・秋明菊
冬:梅・みつまた・椿

等と境内を美しく彩ります。

※花が満開になる時期には、特にご参拝の方が多なります。はるか遠方からもお参りこられるそうですよ。

京都の他の「あじさい祭」を紹介。

あじさい祭り関西2018京都のまとめサイトを完成
→こちら

三室戸寺あじさい2018こちら

観音寺あじさい2018→こちら

藤森神社あじさい2018→こちら

三千院あじさい2018→こちら

舞鶴自然文化園あじさい2018→こちら

まとめ。

いかがだったでしょうか?

岩船寺あじさい2018の全容について紹介しました。

岩船寺あじさい2018の時期に旅をすることは、「思い出作り」の最適イベントではないでしょうか。

是非、「岩船寺あじさい2018」参加してみましょう。

そうすると、「綺麗な景色で感動と心の癒し」を感じれるのではないでしょうか。「心の豊かさ」は、人の生活にエネルギ-を与え続けますよ…。

最後までお読みいただきありがとうございました。今後も読者の皆さんに、「岩船寺あじさい」のニュースをより正確にお届けできる努力していきたいと思います。次回の投稿も楽しみにしてくださいね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする