Atari(アタリ)の新型ゲーム機「Atari VCS」(Ataribox)、予約受付開始か?

アメリカのゲームメーカーであるAtari(アタリ)は、昨年に予告発表していた新型ゲーム機の旧名「Ataribox」→→→新名に改名「Atari VCS」の予約を開始すると平成30年3月19日に発表をしました。

この度は、新名である「Atari VCS」という名称と「コントローラー等の周辺機器」を紹介した。

そして、新たな予約開始時期を設定すると発表。

昨年より、待たれていたファンの皆さんには、大変うれしいニュースですね。

スポンサーリンク




昨年より延期されていた状況は。


出典;www.cnet.com

「Atari VCS」は、昨年12月の段階でIndiegogoでのクラウドファンディングを通じて、早期予約受付を開始する予定であったが、

Atariの「プラットフォーム」と「エコシステムのクオリティ」を高めるために、発売や予約受付を延期していました。

Atari幹部のMichael Arzt氏は、

すべてを完璧に準備する時間が必要だったとし、延期は難しい決断だったと振り返る。

出典;AUTOMATON

この状況をみると、少し勇み足気味で、昨年に発表してしまったことが明らかにみえてしまいましたね。

ゲ-ム界を引っ張ってきた「Atari」の今回の準備不足は、少し残念に私は思いました。

皆さんはどのように思われましたか。

今後の予約情報は?

新たな予約開始時期を今年4月に設定すると発表した。

しかし、まだ正式な発売日は明らかになっていない上に、今回も予約開始時期も未確定のままである。

ゲ-ム機の概要が公開されているので、いつかは販売されることは間違いないとは思うが、

前回の勇み足の発表が尾を引いているのか、もう少しはっきりとした詳細の情報を発表してほしいものです。

興味のある方は?

すでに公式サイトでメーリングリストへの登録を受け付けているため、興味のある方や最新情報のほしい方は、登録してほしいとの事です。

ゲ-ム機の特徴と概要。

今回に発表された「Atari VCS」のロゴ名は、「レトロ」なものと「最新のもの」を組み合わせるゲ-ム機のであるというコンセプトからきていると言われています。

「Atari VCS」は、2017年7月の「Ataribox」の時の画像と比べると、木目調パネルが前面にあり、

少し明るい色にイメージチェンジされたみたいですが、基本的には変わっていないようにも見えます。

Atari VCSの特徴は。

①テレビとの組み合わせて使うものとして、「ビデオのストリーミング視聴」「音楽を聴いたり」など、ゲームだけでなくさまざまなアプリも搭載されているとの事。

又、Radeonグラフィックスを搭載したカスタムAMDプロセッサを搭載する予定もあるみたいだ。

②Linuxをオペレーティングシステムとして実行し、専用のコントローラーで操作しやすいようなカスタムUIを配置するとの事。

過去のAtariハードでリリースされたレトロゲームが配信されることが明らかになっていたが、それ以外にも最近のゲームも起動できる様になっているとの事。

最新情報。2種類のコントローラーが発表された。

1つ目のコントローラー。

シンプルなジョイスティックメインのタイプである。

これはAtari 2600用のジョイスティックをイメージしたもので、特徴的だった左上の赤色のボタンもあります。

又、ジョイスティックの手前には、ホームボタンとバックボタンが追加されていて、当時と同じ感覚でプレイしたいユーザーにはうれしいコントローラーとなるでしょう。

2つ目のコントローラー。

Xbox OneコントローラーやNintendo Switch Proコントローラーのようなスタイルのタイプである。

中央にインジケーターが確認でき、バンパー部にはトリガーボタンも備えつけられていて、左のアナログスティックだけ赤色のトップパーツが使用されている点は特徴的であります。

このコントローラーなら、どのようなジャンルのゲームにも対応できそうなものであるように思われます。

スポンサーリンク



販売価格は?

昨年の時点では・・・

249ドル~300ドル(約2万6000円~3万3000円)

等になるだろうと憶測されていたが、しかし、上記のコントローラ等は標準装備なのか、

別売りなのか現時点では未公開であり、昨年と同じで、正式な価格も全く公表されていない。

値段にも幅があり、コントローラー等の付属品が別売りだと、少し高額になる事が気になります。

ずっと興味を持っている人は、前のめりで購入出来るが、一般大衆うけしないと最初は良くても後が続かないのでは・・・

性能と価格のバランスはとても大切となるので、早くこの情報は、早く決めてほしいものですね。

ゲ-ム機の試作機の披露日が公開。

Atariは、米国のサンフランシスコで開催中の

「Game Developers Conference 2018」で、

①Atari VCS本体

②Classic Joystick

③Modern Controller

の本体、周辺機器も含めて3つ試作品を披露する予定であると告知をしているようです。

現地では、更により詳しい情報が得られることを期待したいと思う。

まとめ

今回のタ-ゲットは、アメリカのユ-ザ-が中心だとは思いますが、少し情報についてもユ-ザ-が本当に欲しい情報とずれているように思われます。

私達ユ-ザ-はアメリカの方のみではなく、日本の方でもゲ-ム機はファンが多くいます。

Atariに期待しているユ-ザ-を裏切る事の無いように願うばかりであります。

最後に、最後までお読みいただきありがとうございました。今後も読者の皆さんにゲームに関わる動向をお届けできる努力していきたいと思います。次回の投稿も楽しみにしてくださいね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする